サプリメントを食事代わりにすることにメリットはあるのか

食事代わりにサプリメントを利用することでメリットはあるといえるのでしょうか。

サプリメントを摂ることによって食事代わりにすることは、

とても効率がよさそうに見えるかもしれません。

たしかに求める栄養素だけを水でごくりと飲めるサプリメントを食事代わりにすれば

効率よく摂取することができ、無駄な時間はかからないものです。

そうはいっても、サプリメントは食物の持つ栄養素にはかなわないものなのです。

他の栄養素の吸収を助けたり、その効果を高めたりする力が、栄養素そのものにはあります。

ということは、単体ではその力を発揮しきれないのが栄養素というものなのです。

その効果も加味してサプリメントの飲みあわせや量を、

サプリメントを食事代わりにする場合には計算しなくてはならないでしょう。

その食物単体の中に、栄養素の働きを高める組み合わせの栄養素が含まれていることが多い食物は、

食べあわせで効果をあげる組み合わせがある以前に非常に優秀な栄養源なのです。

ごくりと飲める手軽さがあるのがサプリメントですが、咀嚼をしないということにもなります。

健康においても、食物を噛んで食べることは大切なことです。

がん予防や痴呆症の予防に、咀嚼は効果があると言われているようです。

メリットよりもデメリットの方が多いのが、普段の食事をサプリメントだけにすることです。

食事代わりにサプリメントを摂取することのメリットは、

デメリットにそのままつながっているとも言えるかもしれません。

日々の食事のメインとしてサプリメントを摂取するのではなく、

大切なのは普段の食事の栄養バランスを見直すことで、

その上で補えない分に対してサプリメントを摂取するようにしてみましょう。
[PR]
by opus255 | 2011-06-09 03:30