<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

住宅ローンの審査に通らなかった場合

それぞれの金融機関によって基準が違うのが、

住宅ローンの審査です。



他では借り入れができるケースも、

たとえ1社で審査に通らなくてもあるそうです。



借入金額が多いほど住宅ローンの審査は難しくなるので、

住宅ローンの審査には頭金をたくさん用意することで、

通りやすくなることもあるようです。



住宅ローンの審査はまず問題は無いといえる条件は、

一般的には過去に転職をせず、

借入金額に見合った一定の年収が確保されていることです。



今までにクレジットカードで返済が滞った事のある場合や、

何度もキャッシングを利用していたりした方は、注意が必要です。



住宅ローンの審査の際には、

信用にかかわることなので悪い印象を与えます。



過去の返済が原因になる場合もよくあるので注意が必要なのは、

年収や勤続年数には問題がないのに、

住宅ローンの審査に通らなかったという人です。



大切なのは、住宅ローンの審査に通らなかった場合に備えて、

家を購入する際には住宅ローンに関する特約を付けておくということです。



この住宅ローンの特約とは契約を住宅ローンの審査に通らなかった場合は

取り消すといった内容を、家の売買契約書に入れておくということです。



特約を入れておく事で、住宅ローンの審査に通らなかった場合は、

住宅の購入契約がすべて無効となります。



けっして住宅ローンは1社に限定することは不要です。



借入金額を審査で減額された場合でも、

足りない資金を違う金融機関でローンを組んで借り入れするというのも一つの方法です。
[PR]
by opus255 | 2011-10-27 08:54

ローンの一本化を利用する場合

月々の返済を複数のキャッシング会社に対して行っていると

負担が重複しますが、

ローンの一本化によって返済をシンプルにできます。



返済に対する精神的余裕ができて、

生活リズムが安定するなどのメリットもあります。



ローンの一本化が不向きな人も中にはいます。



既に利用しているキャッシングの金利が低いものである場合や、

借りたお金を返しきるという意思が最初からないという人は、

一本化をしても状況は好転しないようです。



一本化でローンが楽になる人は、

数社から融資を受けているという人です。



個々のキャッシング会社からの返済状況を書き出してみます。



現段階で、低金利で借り増しができるローンがあったり、

より低い金利での融資を受けることが出来る金融商品があることもあります。



まとめローンへの一本化や借換えをしなくても済むケースがあります。



現在の借入状況から、

この事例があてはまると判断した時は何をすればいいでしょう。



利用している低金利商品の融資担当者に、

他社ローンをまとめて一本化する旨を伝え、

融資枠の増額を申し込んでみましょう。



現在のキャッシング利用総額を伝えた上で、

借入が可能かどうかを判断してもらうわけです。



希望融資額に了解がもらえれば、

その融資で他社からの融資の一括返済ができます。



あとはその一本化したローンを確実に完済するための

見通しを立ててから実行することです。
[PR]
by opus255 | 2011-10-25 03:39